ナース璃子のblog

退院したくても出来ない入院難民の高齢者(>_<)家族の受け入れも出来ず、慢性期病院や療養病棟も空きがないのが現状です・・・((+_+))

高齢者の患者さんって、入院することによって、入院前の健康な状態に回復することが難しいですよね。

若い人たちのように簡単に治癒出来ず、慢性化して完全に医療が不要な状態に戻ることが出来ないことも、多くあるんです( ;´Д`)

一度体調を大きく崩すと、良くなったように見えても、またすぐに発熱したり小康状態が続くこともありますよね。

ある程度体調が安定しても、食事がとれなくなり胃瘻などの経管栄養になってしまったり、自排尿が出来ず、留置カテーテルを必要としたり、呼吸器管理が必要になったり...。
寝たきりによって、褥瘡が出来てしまい処置が必要となったり...。

そういった事で、少しでも医療を必要とする患者さんは、なかなか在宅に戻ることも出来ず、退院出来ないでいますね( ;´Д`)

やはり、一般の家族さんがそういった対応を在宅で行うのは大変です。
日中仕事をしていて、家が留守になるとか、独居のため一人で暮らすことが不可能だったり...。

そういった理由で、退院出来るのに退院出来ないでいる入院難民の患者さんが多くいるんですヽ(´o`;

慢性期病院や、療養型病棟であれば、そのような体調はある程度安定しているけれども、いくらか医療を必要とする患者さんの受け入れが可能です(*^^*)

急性期病院では、一ヶ月ほどの入院期間が平均的ですが、慢性期病院や、療養型病棟では一年間、またはそれ以上の入院が可能になるんです^ ^

しかし、そういった患者さんがあまりにも多く、病室の空きがないのも現状なんです( ;´Д`)

急性期病院では、そういった患者さんをいつまでも入院させていられるほど余裕もありませんから、家族さんは退院を打診されます。

施設入所を申し込んでも、待機が沢山いるためすぐには入所できません(;´Д`A

もっと、慢性期病院や療養型病棟のある病院が増えるといいのですがね...( ;´Д`)

2013年11月19日|

家族の本性が見える入院生活(;一_一)高齢者の患者さんだと明らかに見舞いの方が少ない・・・色々な事情があったとしてもちょっと寂しいね(>_<)

私は老人病院の看護師http://www.trading-business.jp/をしています^_^

子育てをしながらの一般病院の病棟勤務が大変で、少しゆっくりした流れの老人病院に転職したんです^_-☆

うちは、旦那の義両親と同居しているので、子育てや家事で協力してもらえるので助かっていますね^_^

でも、やはり毎日残業となると、歳のいった義両親も疲れてしまい、申し訳ないなぁって思ったので、できるだけ定時に帰れる職場を選びました(*^^*)


老人病院は、今まで働いていた職場に比べると、本当にゆったりと仕事ができますね。

一般の病院に比べると、高齢者の慢性期の患者さんが多く、オペだ、急変だとバタバタすることは少ないですね^_^

患者さんとの関わりが薄いなぁ...と感じていた一般病院の頃より、患者さんとも深く関わることが出来ます(*^^*)

だから、以前より楽しく働けていますね^_-☆

ただ、働きながら感じるのが、お見舞いの方が少ないという事です...(・_・;

今まで働いていた病院には、沢山のお見舞いや、患者家族が来ていたなぁって思うんです。

こんなもんなのかなぁ...って思って同僚に聞いてみたところ、高齢者の家族さんは、わりと入院している高齢者の家族を、放置している人が多いようですね(・_・;

嫁姑関係や、親子関係が良くなかったりして、入院させたらそれで肩の荷が下りたとばかりに、疎遠に...。
などと、色々な事情があるようですね( ;´Д`)

しかし、どんな事情があったにしろ、入院になったら家族も誰も来ない患者さん...なんだか寂しいですね>_<

もちろん、中には毎日のように身の回りの世話をしにくる家族さんもいます...。

患者さんが健康だった時の生き様が見えますね。

そして、全く病院にも来ないで、いざとなれば長生きさせたいからと、胃瘻かIVHを希望する患者家族さんもいます。

え⁈∑(゚Д゚)
放置してるのに長生きして欲しいってどうして?

患者さんは、結構な額の年金をもらっているんですって...。
だから、長生きしてもらいたいとか...。

色々と家庭事情があるわけですね_φ(・_・
しかし、そんなお金だけもらって、患者さんは病院に入院させっぱなしで、お見舞いにもこないなんてね>_<

なんだか悲しい現実が見えてしまう老人病院ですよ...( ;´Д`)

2013年11月19日|

セカンドオピニオン・・・患者が病院・ドクターを選ぶ時代はまだ先かな・・・。患者さんはまな板の鯉・・・(ー_ー)!!

最近よく耳にする、セカンドオピニオン(*^^*)

セカンドオピニオンは、主治医に診断されたことに対して、さらに他の医師に相談をして、意見を参考にすることです。


セカンドオピニオンは、主治医から診断や治療方針を聞いたけど、どうしたらよいか悩んでいる...´д` ;
他に治療方針はないものか...と悩んだ時に、行います^_^

セカンドオピニオンを受けるメリットとして、自分が行われようとする治療方針が妥当なものであるかとわうかの確認が出来ます。

また、違う視点から見た時に、違う治療方針が出ることもあります。

今の自分の治療方針に不満がある場合などは、自分の希望通りの治療が受けられることもあります^_^


先日、私の友人もセカンドオピニオンをした方が良いのではと、周囲の人に言われるが、どうしたら良いだろうか?
と、相談を受けました...。

セカンドオピニオンを受けるには、まず主治医にその旨を伝えて、診療情報提供書をもらわなくてはなりませんよね。

しかし、セカンドオピニオンが普及しているように見えても、医師はどう受け止めるだろう...?
信頼されてないと気分を害するだろうか...などと心配になってしまいますよね(;´Д`A

また、セカンドオピニオンは、診断を受けるものではなく「相談」という形になるため、全額自己負担になるのです(−_−;)

そうなると、セカンドオピニオンは結構ハードルの高いものなんですね(;´Д`A

結局は、不安に思いながらも、主治医に身を委ねることになってしまっているケースが多いようですね(;´Д`A

セカンドオピニオンを行っていますと掲げている病院は、多くありますが、実際私達が医者や病院を自由に選べる時代は、まだ先になるんでしょうかね...。

2013年11月16日|

長く派遣を続ける方法

看護師が派遣として働く場合、同じ職場で長く働く事が出来ません。

スタッフの安定化やスタッフ不足を解消する為に作られた派遣法があり、職場や施設は、3年以上連続して派遣看護師を雇う事ができないんです。

派遣期間が過ぎると違法になってしまう為、派遣看護師を一旦解雇して、期間を空けた上で、再度、派遣看護師http://www.arcmailtech.com/を雇うかたちになります。

ここで気をつけなくてはいけないのは、一人の派遣看護師に対しての期間が3年ではない、という点です。


すでに看護師が派遣されている場合は、その看護師が働き始めた時点から期限がカウントされているので、丸々3年働ける事は少ないんです。

派遣で働く場合、派遣期間がくるまでは派遣として働き、そのまま同じ職場で直接雇用となる、紹介予定派遣がありますが、ほとんどの看護師は、直接雇用にはならずに、他の派遣先で働く事を選択しています。

それには、給料が関係しています。

派遣は、時給が高い事で人気のある働き方ですが、直接雇用になると、給料が大幅に下がってしまうのです。

時給が500円近くも下がってしまうケースがありますから、いくら安定して働けるとしても、直接雇用を選択しない理由がわかります。

長く派遣を続ける為には、派遣期間がどのくらい残っているのかを事前に確認する事が大切です。

派遣期間が切れる前に、次の派遣先を決めておけば、仕事が空いてしまう事がなく、スムーズに次の職場に移る事ができます。

看護師求人情報サイトを利用すれば、いろいろな派遣先があり、派遣の他に、単発バイトも豊富ですから、コンスタントに仕事を続けるのにはお勧めです。

派遣先が決まるまでの繋ぎとして単発バイトを入れるのも、とても賢い働き方です。

2013年11月13日|

サッカー合宿の仕事はどんな感じ?

看護師の仕事というと、病院やクリニックで働いているイメージが強いと思いますが、その他にもいろいろな場所で看護師が活躍しているんですよ。
良く考えてみると納得出来ると思いますが、一年中、どこかでイベントごとが行われていますよね。
たとえば、花火大会とかお祭り、スポーツイベントやサッカーなどの合宿など、常にイベントが開催されています。

そのようなイベントには、何かあった時の為に、看護師が必要とされています。
しかし、看護師からみると、このようなツアーナースの仕事は、健康な方が対象となる為、仕事内容はかなり楽です。
ケガが多いとされる、サッカー合宿のツアーナースは、確かに看護師の出番が多い仕事です。
しかし、大きなケガというのは滅多にありません。
もし、大きなケガがあったとしても、処置をした後に病院に搬送するだけですから、精神的な負担は少ないですよね。

ツアーナースの仕事の中でも修学旅行に同行する仕事は、観光気分を味わう事が出来るので得した気分になりますよね。
実際に同行してみると、看護師としての仕事がなかったというパターンがほとんどです。
それでいて、1回の仕事で高い給料を貰う事ができますから、好奇心が旺盛な方にはとても魅力がある仕事だと思いますよね。

サッカー合宿も、その他の仕事も、ツアーナースというのは単発でその場限りの仕事ですから、
人間関係のゴタゴタがないところが一番の魅力なのかもしれません。
安定した働き方ではありませんが、仕事以外のストレスが溜まる事はまずないと思います。
ツアーナースには、日帰りの仕事も沢山ありますから、家庭を持っている看護師でも気軽に働く事が出来ると思いますよ。
最も精神的な負担がなく働ける仕事だと思いますね。

2013年11月12日|